<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

茅葺きネットワーク総会・シンポジウム

b0145735_17465185.jpg


 6月28・29日、福島県下郷町で茅葺きネットワークの
総会及びシンポジウム・見学会を行いました。
今年は第9回を迎え、当ネットワークが準備会のときに
開催をした下郷町・大内宿に再び戻ってきました。
シンポジウムは以下のプログラムで開催されました。

 (1)開催挨拶
   ネットワーク代表 (ネットワーク会長:白川村長)
   開催地 (下郷町長)
   事務局 (財団法人日本ナショナルトラスト理事長)
 (2)挨拶及び基調報告 「ふるさと文化財の森事業について」
   苅谷 勇雅  (文化庁文化財部文化財鑑査官)
 (3)開催地報告 「大内宿の農村景観と茅場の整備について」
   吉村 徳男  ( 大内宿保存会長)
 (4)各地からの報告
   上田 進   ( 西中国茅葺き保存研究会長)
   嶋津 宣美  (手這坂活用研究会)
   熊谷 秋雄  (有限会社熊谷産業常務取締役)
   西尾 晴夫  (屋根晴)
 (5)パネルディスカッション
  「復活しよう茅刈りの風景 〜茅場と茅葺きのつくる文化的景観」
   コーディネータ: 安藤 邦廣 ( 筑波大学教授)
   パネリスト: 尾谷 雅彦 ( 河内長野市教育委員会)
           黒田 乃生 ( 筑波大学准教授)
           高橋 佳孝 ( 全国草原再生ネットワーク会長)
           奈良 俊哉 ( 近江八幡市協働政策部地域文化課)
           吉村 徳男 (大内宿保存会長)
 (6)閉会挨拶
   開催地 (下郷町教育長)

 夜は、宿泊地でもある大内宿に移動し、
地元の方々と全国からの訪れた茅葺きの職人、研究者、学生、愛好家らが
盛んに情報交換を行いました。

翌日は、大内宿の茅場や茅葺きの研修所、その他下郷町内の
茅葺き集落(トタンがかけられていましたが)等を見学してまわりました。
[PR]

by national_trust | 2008-06-30 18:01  

初夏の庭園

b0145735_17271693.jpg


旧安田楠雄邸は東京都から文化財指定を受けています。
そのカテゴリーは「名勝」。
名勝とは、なかなか難しい日本語ですが、
旧安田楠雄邸の場合は、その庭園がすばらしいということで
指定されています。
ただ、長年の年月により、設計当初やきちんと管理が行き届いて
いた時代から比べると、かなり荒廃が進んでいたのですが、
特別に修復前にもかかわらず文化財として指定していただきました。

庭園のカテゴリーの中でも、旧安田楠雄邸のお庭は、
いわゆる都市住宅庭園と言われるもので、
大名庭園や大財閥の庭園と比べると規模は小さいですが、
建物内を視点として鑑賞すると
とてもきれいで広がりを感じさせる演出が施されています。

東京には、天皇家に由来する庭園のほか、
後楽園(水戸藩)とか六本木ヒルズ(毛利藩)など大名に由来する
庭園はいくつか残っていますが、建物はあまり残っていません。
そういった意味では、旧安田楠雄邸の建物と庭園は
切っても切れない大切な関係が今に継承されている
近代の都市型屋敷の代表作だと言えます。

もちろん、現在ではこの規模の屋敷を都内に建設することも
庶民には到底夢の話しになりましたので、
現代の感覚からすると十分大邸宅だと言えますね。
[PR]

by national_trust | 2008-06-20 16:25 | 旧安田楠雄邸  

6月の旧安田楠雄邸

旧安田楠雄邸はすでに夏の様子になってきました。
武川さんがつくられた幕が、風に吹かれて
涼しげな昼下がりでした。

b0145735_1083959.jpg

[PR]

by national_trust | 2008-06-18 10:09 | 旧安田楠雄邸  

武川暖子(たけかわ はるこ)個展

b0145735_0183170.jpg

現在、旧安田楠雄邸では「武川暖子展」を行っています。
武川さんは、この春に東京芸大を卒業された方で、旧安田楠雄邸のボランティアとしても以前から活躍されています。大学の卒業制作で、旧安田楠雄邸のサイン計画をテーマにいくつもの作品を制作されました。
そこで、せっかくいいものを作っていただいたので、皆さんにも旧安田楠雄邸で見ていただけたらという思いで、個展をしていただくことになりました。
6月いっぱいは展示していますので、ぜひ見に来てください。

b0145735_2325678.jpg

[PR]

by national_trust | 2008-06-17 00:28 | 旧安田楠雄邸  

第4回サイエンスカフェ at 駒井家住宅

「博士のおうちにようこそ。楽しい科学のはなしをしましょう!」

*まだお席に余裕があります。ぜひご参加くださいませ!(6月10日現在)


駒井家住宅は“日本のダーウィン”と呼ばれた
駒井卓博士とその妻・静江夫人が愛した住宅です。
W.M.ヴォーリズ設計の光と影が織りなす豊かな空間の中で、
博士はたくさんの偉大な研究を遺されました。
その雰囲気はいまもなお、駒井家住宅の中に生き続けています。

2008年6月14日(土)、
「第4回サイエンスカフェ at 駒井家住宅」を開催します。
今回は京都大学名誉教授
京都市青少年科学センター所長で
いらっしゃる日髙敏隆さんをお迎えし、
身近で神秘的な昆虫
「チョウ」のお話を伺います。
prinz特製の美味しい珈琲や紅茶、
お菓子をいただきながら、
駒井家住宅のリビングで
サイエンスを語り合いましょう!


「チョウたちの見ている世界」


■ゲストスピーカー日髙 敏隆
(京都大学名誉教授 京都精華大学客員教授
京都市青少年科学センター所長)

■日時:2008年6月14日(土) 午後3時~5時
※2時より受付開始。館内の見学を楽しんでいただけます
■場所:駒井家住宅(京都市左京区北白川伊織町64番地)
■定員:20名(予約制・先着順)
■募集締切:2008年6月11日(水)
■ご予約・問合せ:
お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご明記の上、ご予約ください
・メールkansai@national-trust.or.jp (タイトルに【サイエンスカフェ】と明記)
・ファックス:075・724・3115
・電話:075・724・3115(金、土曜日のみ受付)
■参加費:(駒井家住宅修復協力金、カフェ代含む)
・一般1,500円  ・小中高生1,000円  ・JNT会員1,000円
■主催:財団法人日本ナショナルトラスト京都事務所
(駒井家住宅(JNT保護資産・京都市指定有形文化財))
■協力:京都市青少年科学センター
      prinz

*当日の一般公開は2時までの受付となります。あしからずご了承くださいませ。
(6/3)
[PR]

by national_trust | 2008-06-13 14:05 | 駒井家住宅  

旧安田楠雄邸でのロケ

旧安田楠雄邸では、維持修復協力金を広くいただくために、
映像やスチール撮影などのロケ地としての利用を模索しています。
先日は、堺正章さんが主演をつとめるドラマ
「無理な恋愛(フジテレビ系 毎週火曜日の22:00〜22:54)」の
ロケ地として使っていただきました。

出演者としては、堺正章さんの他、夏川結衣さんや
チュートリアルの徳井義実さん、福田充徳さんらが
いらっしゃるようです。
脚本は「ちゅらさん(NHK連続テレビ小説)」を書かれた
岡田惠和さんだそうです。

旧安田楠雄邸でのロケ日は大雨だったのですが、
撮影スタッフの方々は文化財である建物に傷をつけないように、
汚さないようにと、気を使っていただきました。
ロケに来られた夏川結衣さんや鈴木砂羽さんは
とてもお綺麗でした。
旧安田楠雄邸がドラマで使われたのは、
2008年4月29日放映の第4話「恋の大逆転!?」の回でした。
皆さんはお気づきになりましたか。
b0145735_1415836.jpg

[PR]

by national_trust | 2008-06-12 09:12 | 旧安田楠雄邸