<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

葛城古道

大阪府と奈良県の境にある
葛城山、金剛山のふもとにある御所(ごせ)市は、
神話の時代から大和朝廷へとつながる時代に
大きな影響力を及ぼした葛城氏にまつわる遺跡や寺社が
点在しており、神話のふるさととも呼ばれています。
それらを訪ねる道が「葛城古道」もしくは「葛城の道」と呼ばれています。

財団法人日本ナショナルトラストでは、1983年(昭和58年)に景観調査を実施し、
1986年(昭和61年)には一番最初となるヘリテイジセンター
「葛城の道歴史文化館」を建設しました。
ここは、葛城古道を散策するための情報拠点であり、休憩所として、
地元自治体や観光協会が中心となって20数年間活動を続けています。
b0145735_14235854.jpg


またすぐ隣には、高鴨神社があります。
この神社は大和の名門の豪族である鴨の一族の発祥の地であり、
有名な京都の上賀茂神社、下鴨神社などの総社にあたります。
ちょうど訪れたときには、「夏越の大祓」が前日に行われたとのことで、
儀式に使われた夏の無病を祈る「茅の輪」くぐりの跡が残されていました。
b0145735_14243058.jpg

[PR]

by national_trust | 2008-08-08 14:38 | ヘリテイジセンター  

飛騨古川のまちづくり

岐阜県の北部にある飛騨市(旧古川町)に
当財団のヘリテイジセンター「飛騨の匠文化館」があります。
b0145735_1519207.jpg

b0145735_15194467.jpg

http://www.city.hida.gifu.jp/kanko/miru/spot/furukawa/04takumi_bunkakan/index.html

この町には、奈良時代から都の造営等で培われた建築技術である
「飛騨の匠」の技が継承されています。
今でも町家が立ち並んで町並みを形成しており、
その一軒一軒では、酒造りや和ろうそく作りなどの
伝統的な産業が盛んに行われています。
b0145735_1520087.jpg


当財団では、1986年(昭和61年)に実施した町並み調査をきっかけに、
旧古川町や観光協会との協働により、町並み保存を核とした
まちづくり、観光振興を展開しています。

長い歴史文化が現代にも脈々と受け継がれている
美しい町ですので、ぜひ、ご訪問されてみてください。
その際は、「飛騨の匠文化館」にもお立ち寄りくださいね。
[PR]

by national_trust | 2008-08-04 15:22 | ヘリテイジセンター